田口淳之介と美味しいモノとお喋りとHAND MADEをこよなく愛する道楽主婦・りこ♪の語り場です♡ 同じ想いの方なら、いつでもウエルカムよん☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.04 久々に
こんにちは、りこ♪です

前のエントリーから半月以上も経ってしまいました


きっと誰もがいろんな感情でいたと思います。

書くことを辞めた人、書くことで気持ちを楽にした人・・・


私は・・・?
ブログに向かおうとするんだけれども、言葉が出てこない。
書きたいという気持ちはあるのに、PCの電源すら入れる気がしない。
自分のブログにも向かえず、お友達のブログを訪問する気力も出ず・・・


元々ブログを始めたのは、じゅんのが好きKAT-TUNが好きって気持ちをどこかにぶつけたくて。
なのに、言葉が出てこない。

もぐらなじゅんのが可愛くても、それを書く気持ちになれない。
じゅんのを、KAT-TUNを見ても真っ直ぐに素直に嬉しい気持ちになれない。
こんな気持ちのままじゃ、ブログも開店休業状態だし、どうしようかな。。。

そんな時、お友達がお休みや閉鎖を決めて。
本当に、気持ちが揺れた。
ぶっちゃけ、今ではブログがなくてもメールでも繋がるしね。

同じ時、更新がないことを気にかけてくれたお友達。
待ってるからねって優しい言葉に、ワタシには居場所があるんやよなぁ。。。って本当に嬉しく、幸せに思えて。


帰ってきました


しばらくDVD見ることも遠ざかってたけど、ようやくここ一週間ほどKAT-TUNを愛でる時間が戻ってきた
今週はママ友達がうちに来た時に、頼まれてもいないのに鑑賞会開いたり(笑)

やっぱりね。じゅんのが好き
じゅんのの存在に癒されて幸せになれる
じゅんのがいるKAT-TUNが好き
歌って踊る姿は、やっぱり最強


あの日俺達が信じた夢 刻むハルカナ約束

ワタシもその夢乗っかって、ハルカナ約束叶う日待ってます


気持ち切り替えて、なんて言いながらなかなか出来ずにいたけど、
ブログ復活しました
今月はじゅんのの誕生日もあるし、ね
きっとまた更新だとは思いますが、宜しくお願いします。


続きは、個人的な事。
ブログをお休み&閉鎖したお友達へ
コメレス代わりに読んでね。


... 続きを読む
コメント頂いてるのに、コメレス出来ずじまいでごめんなさい。

仁くんの会見、webでもメンバーのコメント・・・
ワタシなりに受け止めて、受け入れたつもりです。

でも時間の経過と共に、徐々にボディブローが効いてきた感じで。
赤西仁って存在の大きさを、改めて感じてます。


仁くんの言うように一生バイバイじゃないんだろうけど、
それでも、仁くんのいないKAT-TUNは淋しいよ。


普段からヲタを公言してるんで、
あんまり話した事ないような人にも話しかけられてビックリ。

「赤西くんって、やめたがってたの?」
「亀梨くんと仲が悪かったん?」
「田口くんって、会見は笑ってたけど、WSでは呆れてしまったって言ってたよね?」


お願い、ワタシに聞かんといて!
ワタシだって、もっと聞きたいよ。
でも今はあの会見で仁くんが話した事が全てなんやから・・・

確かにね、報道の仕方には物申したいところがある。
面白おかしく書き立てて、それで成り立ってるからいいんですか?
報道するなら、メンバーの真意をきちんと書いてほしい。

これ、実はうちの母も「今日の報知に田口くん会見とは違うような事書いてたで」って電話があったのよね
母や友達なんかに聞かれたら、ちゃんと全文伝えて事なきを得るけど、
きっと報道を見て、不仲やと思ってる人多いって事よね?


正直に言うと。
まだ現実を受け入れる事が出来ていない。
時間の流れる感覚がない程、物事を考えられへん。
友達とおる時はいつものワタシで、ヘラヘラしてられるんやけど
何かのスイッチが入ると、泣き出して。。。情緒不安定ってヤツ?


ワタシでさえこんなんやねんから、とってもお友達の事が気になってます。
元気かな?
大丈夫かな?


ちょっとずつちょっとずつ。
前向いてKAT-TUNと一緒に進んで行きたい。
そして仁くんが帰って来る日を待ち続ける。
信じる事しか出来ないから。


明日は名古屋で、淳友ちゃんと会う約束をしてるの。
仁くんの事がある前に約束してたんやけど、この時期にお友達と会える事がワタシには救い。
本当によかった。
気持ちを語れるカツン友ちゃんの存在はめっちゃ大切やから。


続きを読むからはコメレスです。
華子さん、mako-Pちゃん、りょうこママ、ikkoちゃん、シークレットちゃん、ゆあちゃん。
メールも頂いてます。。。有り難うございます。
すいません、久々にPC立ち上げたのでお返事送れませんでした。
また改めて、メールさせていただきますね。宜しくお願いします。

... 続きを読む
何から書いたらいいのか。


こんな日が来るなんて・・・


来ちゃ嫌だな、と漠然とした想いに駆られていた事はあったかもしれないけど。




今はこんなに悲しくて涙も枯れ果てて もう二度と笑顔にはなれそうもないけど


この歌が頭の中グルグル流れてたのは10年前。
昨日、ワタシめちゃめちゃテンパってたんだろな。
何度もKAT-TUNをSMAPと言い間違えた。


正直、なんで今?って思う。
これからじゃない。
あのKAT-TUNの絆はなんだったの?


嫌な予感で頭がいっぱいになる。
ワタシが6人のKAT-TUNを目にしたのは最初で最後なの?
そんなはずないよね。
戻ってくるよね???


10年前、さよなら元気で・・・の言葉さえかけられないまま、芸能界を去った人。
あの時の苦しみ辛さ悔しさ涙はきっとこの先も忘れられない。


でも、でもアナタは違うよね。
今言いたいのは
「仁のバカ!なんで急に休むかなー。でも、アンタの帰ってくる場所はここしかないんやよ。6人じゃなきゃKAT-TUNじゃないんやから!!」


仁くんの決めた決断。
今笑って頑張れなんて言えない。
正直、6人のポスター見るだけで涙が出てくる。
しばらく5人のKAT-TUNを応援しろって・・・
もちろん、ワタシは彼らをこれからも見続けるけど、そこに-1人を探してしまうよ。
そして5人のKAT-TUNの心情も。


無理な話かもしれないけど、
この事に関して仁くんそして5人の言葉を聞きたい。
事務所のつじつまがあってないような発表だけじゃ、しんどいよ。。。


赤西 仁様。
アナタはこれで楽になれたのかな?
これがアナタの幸せなら、ワタシ達はそれを認めざるを得ないかもしれない。


ただもう最後だとは言わないで。
KAT-TUNのAは仁くん以外にいない。


昨日いっぱい泣いた、仁くんが大好きな彼女の事が心配。
そばにいたら気が済むまで泣かせてあげれるのに。


仁くんが戻ってくるまで、彼女が泣きたくなったら仲間で受け止めるよ。
アホな話して、いっぱい笑わせるよ。


でも、本当に笑顔に出来るのはアナタだけ。


仁くん。


待ってるから。


信じる事で強くなれるのなら、ずっとアナタを信じてるから。


ヘタレだアホだの言われてた頃の笑顔を取り戻して帰ってくるのを、ずっと待ってるから。


5人のKAT-TUNと一緒に・・・
Yes!!淳之介ぇ
My girlヌバッ
に深夜にも関わらず大笑い。ラジオって楽しいね


・・・あ、お久しぶりです
しばらく消えてましたね・・・って何処へ!?
まぁ、いろんなとこへ(えっ

先週末に娘の運動会があって。
毎年微妙な天気が多かったんですが、今年は
ちょっと晴れすぎちゃうの?って位・・・だからうっかり日焼けしてしまった。
大変よ、そのうちシミになるんやから

大変って言えば。
場所取りもちと大変なんですわ、ほんま。
毎年運動会が近づくと、一緒に場所取りに行くグループがあるんやけど、最近この集まりが苦手で
最近親しく付き合ってる幼稚園の役員仲間は、同じ小学校に上の子が通ってる人が多くて、こっちでも場所取りの話が持ち上がってね。
ワタシ的には、○○ちゃんのママっていうより一人の人間として付き合ってる役員仲間といる方が気楽で、今年はこっちで一緒に場所取りする事にしたのね。

で、お断りしたらかなりご立腹な様子で。
まぁ仕方ないよね
前日の場所取りの時もこっち見てブツブツ・・・
あ~、この雰囲気が苦手なのさ

そんなこんなでむかえた当日。
最初の競技でかかったBGMがリアフェ
ギリギリでいつも生きていたいから~
って聞こえてきた時は一気にテンションアップしたよ~
放送委員には以前からジャニヲタがおると、娘の報告で思ってたけどやっぱりね
これからどんだけかかるんやろ~って思ってたら、その一曲で終わったんやけどね

3,4年はソーラン節踊んねんけど、これがかっこよくて。
4年の娘は去年に引き続きやけど、今年は男の先生が増えたせいかパワーアップ
子供の成長って感動するなぁ、うん。


ひっくいテンション続きやったけど、お友達にグチったり、気持ちが温かくなるような言葉頂いたり。
本当にいつもスイマセン、そしてアリガトウ

元気です

久々に登場したはいいけどネタはなし。。。
いつもお世話になってるゆあちゃんとこから拾って来ました。
ここまでも長かったけど、この先も、ものすご~い長い(笑)
それでも宜しければ続きから行ってらっしゃ~い
... 続きを読む
2006.08.28 夏の終わり
♪夏の終わりには ただ貴方に会いたくなるの・・・
って歌ったのは森山直太朗でしたね。

24時間テレビ、終わりました。

亀梨くん赤西くん田口くん田中くん上田くん中丸くん
どうもお疲れ様でした

(他のパーソナリティの皆さんもお疲れ様でした)

番組中、ずっと会いたくてしょうがなかったです。
田口淳之介


番組観覧に行ってたHさんによれば(勝手に引用してすいません)、番組終了後の挨拶で
「お見苦しい所を何度もお見せしてしまい、すいません」
と言ったそうです。

見苦しいなんて思わへんかったよ。
その涙は自分の感情が動いた証拠。
幾つから人前で泣くのはみっともないってなるんやろう。
子供の頃は素直に泣けたのにね。
番組中じゅんのが流した涙はじゅんのの心の琴線が触れたからだと思う。
これから先も、そーゆうトコ変わらないでいて欲しいな。

さっきの言葉には続きがあって、
「最後泣かずにいられたのは、達成感があったからでした。最後までありがとうございました」
と締めたそうです。

ワタシね、こんなけ泣いて最後はもっと泣いちゃうと思ったんですわ。
ところがどっこい、そこは田口淳之介
メタメタ笑顔のサライでした。
アンガールズも最弱って言われた割にはひょうひょうとしてたし、あ~、こんなエンディングの方がKAT-TUNらしいなとも思ったり。

きっと見てる以上に関わってる人は大変やと思うんですよ。
何ヶ月もかけて準備して。
20歳そこそこで、やり遂げた大仕事。最後は達成感いっぱいでいつものスマイルじゅんのに戻っていた彼に、くぅー負けたと悔しくなったり、そんなじゅんののファンでいることが誇らしかったり。

もちろん、6人の強い絆があったからこそやり遂げたんですけどね。

仁くんの手紙、あ~そうきたか!って感じやった。
してやられました。仁くんのメンバーに対する思い、仁くんなりの絆。
聞けて嬉しかったな。
KAT-TUNのファンでいることが、すごく嬉しく思えた。


思えば、ワタシが子供の頃からやってる番組。
日曜の朝は手塚アニメ見た後、家族で電車乗って難波の高島屋に寄付持って行くのが我が家の夏の終わりの風物詩やった。

でも番組自体を真剣に見たのは初めてかな。
前にSMAPがやったとき、まだビデオしかないし仕事やしで、何人かで手分けして録画した。
で、お目当てのとこだけ見てあとはスルー。

今回じっくり見てね、夜中はともかく考えさせられる事がいっぱいあった。
ワタシはないことを数えて、あることを見過ごしてるのかなって。

韓国の女の子、指が二本しかないじゃなく、指が二本あるんだ。
聖と泳いだ男の子も、骨が筋肉になるなんて可哀想じゃなく、動く所がまだまだあるんだ。

話は脱線するんですが、うちの父は戦後の貧しい時代に小学校すらまともに行けず、昼夜働いてたそうです。
あまりに疲れて仕事中うたた寝して機械に左手を挟まれ、父の左手は甲の部分しかなかったんです。
それでも一生懸命仕事して、三人姉弟を育ててくれました。
学歴も左指もない、じゃなくて右の手はあるから仕事が出来ると父も思っていたんじゃないかと。
もっと父の話聞いとけば良かったなと後悔。

出来ない事よりも、出来る事考えて、前向きに生きていけたら。
これからいっぱい壁にブチ当たるであろう子供達にも、そう思う。

いい番組でしたよ、本当に。有り難うKAT-TUN


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。